素材が重要!作業着を選ぶときは素材に注目してみよう

職種によっては必須となるアイテムが作業着です。その作業着を選ぶときには何に注目しているでしょうか。デザインを重視している人もいれば、サイズを重視している人もいるでしょう。しかし、仕事で使う作業着を選ぶのであれば素材を重視しておくのが良いと言えます。

そこで今回は作業着を選ぶときの素材の注目ポイントについて紹介していきます。

季節に合った素材の作業着を選ぶのが良い

職種によっては常に外での作業が求められるケースもあります。そうなれば夏場は暑く、冬場は寒いという状況で仕事を行うことになるでしょう。デザインばかりを重視して作業着を選んでしまうと、夏の暑さや冬の寒さに耐えられないという状況に陥るパターンも考えられます。

そのような状況を回避するためにも、季節に合わせて作られている作業着を選ぶのが良いと言えます。例えば夏用の作業着の場合は清涼感のある作業着があります。夏用の作業着はメッシュ素材を使っているものを選ぶのが効果的です。

メッシュ素材の作業着であれば通気性が高いため、真夏の暑い時期に屋外で作業を行っていても熱がこもりにくく、暑さを凌ぎやすくなります。熱がこもりにくいため、熱中症対策も万全の作業着だと言えます。冬場の作業が多い場合は防寒素材の作業着を探すのが重要です。

裏地が起毛素材になっているタイプの作業着は保温性の高いものが多く、真冬に屋外での作業を行う場合にも寒さを凌げるでしょう。起毛素材を使っているものの中でも袖口や裾を絞れるタイプの作業着は、さらに保温性を高めてくれるため、冬場の作業に最適だと言えます。

悪天候にも強い素材を選ぶのも効果的

雨や雪といった悪天候の中でも屋外で作業を行う必要がある人は、悪天候に強い素材を選ぶのが重要になります。悪天候に弱い素材の作業着を使っていると、作業着が雨や雪の水分を吸ってしまい、動きにくくなります。動きにくくなると必要以上に体力を消耗してしまうため、スムーズに仕事を進めるのが難しくなるでしょう。

作業着が水分を含んでしまうと体力だけでなく体温も下がりやすくなります。雨や雪といった悪天候の場合は気温が下がっているため、体温が下がっていくと風邪を引いてしまうケースも考えられます。身体を壊してしまわないためにも悪天候に強い素材の作業着を選びましょう。

具体的な対策としては防水や撥水の加工が施されている素材を探すのが重要になります。防水加工や撥水加工の施されている作業着は雨や雪の水分を吸ってしまわないので、悪天候の中でも動きやすさを維持できます。防水加工や撥水加工のある作業着は保温性にも優れているため、体温が低下してしまうことも少ないでしょう。

火を扱う場合は耐熱性のある素材を選ぶ

一般的な作業着は綿やポリエステルといった素材を使っているケースが多いです。火のない現場で着る分には綿やポリエステルの作業着を着ていても問題ありません。しかし、火を扱うことが多い職場では綿やポリエステルの作業着は向きません。

綿やポリエステルの素材は熱に弱く、燃えてしまいやすいという特徴があります。そのためちょっとした不注意によって作業着が燃えてしまうケースも考えられます。自分が気を付けていても、火の粉が飛んできて作業着に付着してしまう可能性もあります。

そうなれば作業着が燃えてしまうため、火傷のリスクが高まるでしょう。このような問題を解決するためには、耐熱性の高い素材を選ぶのが好ましいと言えます。例えば防火加工の施されている作業着を選ぶことで、火を扱う職場でも作業着を着て作業を行えるようになります。

防火加工の施されている作業着は使っていると耐熱性が弱まっていくことも考えられます。そのような場合は防火の再加工を行ってもらうか、新しく防火加工の施されている作業着を購入するのが良いでしょう。

動きやすさを重視したい場合はストレッチ素材が良い

身体を動かすシーンが多い仕事の場合は伸縮性の高い作業着を選ぶのが良いと言えます。伸縮性の低い作業着を着ているとしゃがむ動作や腕を伸ばす動作がスムーズに行いにくく、作業の妨げになる可能性が高いです。狭い場所での作業が求められる場合にも伸縮性の高い作業着を着ておくのが好ましいと言えます。

伸縮性の高い作業着を探す場合にはストレッチ素材の作業着を選ぶのが良いでしょう。ストレッチ素材の作業着は伸縮性が高いので、腕の伸び縮みや足の屈伸運動に合わせて作業着が変化してくれます。

ストレッチ素材の作業着はフィット感が高いのも特徴の1つです。

身体にフィットしてくれるため、余った裾が何かに引っかかるといったトラブルも防げます。伸縮性の高い作業着は通常の作業着よりも小さめのサイズを買っておくと良いでしょう。少しサイズが小さいものであっても、伸縮性が高いので無理なく着こなすことができます。

少し小さめのサイズを選ぶことで、よりフィット感の強い作業着を楽しむことができるというメリットも得られます。

清潔感を維持したいのであれば防汚加工が良い

清潔感を維持したい場合は、防汚加工の施されている作業着を選ぶのが好ましいです。防汚加工が施されている作業着は繊維素材の隙間に樹脂を入れているのが特徴的なポイントになります。繊維と繊維の隙間に樹脂を入れておくことで汚れが入り込むことを防げるため、洗濯したときに汚れが落ちやすいというメリットがあります。

通常の作業着よりも長持ちしやすいというメリットも得られます。金銭的な余裕がない場合は、長期的な利用を目的に防汚加工が施されている作業着を選ぶのも1つの方法です。さらに清潔感を維持したい場合は制菌加工の施されている素材を探すのも良い方法だと言えます。

制菌加工が施されている作業着は菌の繁殖を防いでくれるという特徴があります。制菌加工が施されている作業着であれば菌が増えないため、汗や汚れによる嫌な臭いも少なくなる可能性が高いです。清潔感が求められる職場で作業着を着る場合は防汚加工と制菌加工の両方が施されている作業着を選ぶのが好ましいと言えます。

嫌な臭いが気になる場合は、防臭加工の素材を探すのも良いでしょう。

職場に適した作業着を選ぼう

職種によって作業着を選ぶときのポイントは異なります。

自分の職場に合った素材の作業着を選ぶことによって、今まで以上に仕事が行いやすくなるでしょう。加工が施されている作業着はノーマルタイプの作業着よりも価格が高くなるケースが多いですが、その分得られるメリットは大きいです。

金銭に余裕がある場合は出し惜しみせず、性能の高い作業着を選んでおくのが重要です。

関連リンク→ユニフォームタウン ... 作業ジャケットhttps://l-m.co.jp/work/